人気のあるノベルティグッズとは

各企業は、しばしば人気の出るノベルティーを作ろうと、がんばります。それは、その会社の今イチオシの商品を、よりたくさん売ることを目的としています。そのためには、お客さんを惹き付けることができるような素晴らしいノベルティを作ることが重要となりますが、これがなかなか難しいことです。では、人気の出るノベルティグッズを作るためには、どのようにすれば良いのでしょうか。まず第一に、お客さんが、どのようなものを欲しがるのかをリサーチすると良いでしょう。あまり必要のないものをもらっても、誰も喜びませんし、そのノベルティをもらったところで、捨てられてしまうかもしれません。お客さんが欲しがっているものを知ることと、しかるべきデザインのものをつくることによって、はじめて、人気のあるノベルティグッズとなることができます。

ノベルティグッズの配布で図る競合製品との差別化

メーカーでは新製品の売り出し時期に消費者の記憶にとどめてもらおうとしたり、あるいは売り出し中の製品の販売促進を目的としてノベルティグッズを作って新製品展示会や販促キャンペーン会場等で来場者に配ることが行われています。ところが、売り上げを伸ばそうとしても競合他社との販売競争が激しい上にネット社会で消費者は次々と目にする情報によって嗜好が移りやすくなり、売れ行きが良くも悪くも激しく変化するようになっています。口コミ情報が流れれば好調な売り上げを続けている製品でもあっという間に潮が引くようになる時代です。従って、ノベルティグッズを配布し、消費者に企業名やブランド名を身近な存在と感じてもらうことだけでは限界があるわけです。消費者はノベルティグッズを身につけたり、日常的に使っていても、自分の購入している製品に何らかの良くない口コミ情報を見つけるとすぐに類似する他社製品に乗り換える機敏さを持ち合わせています。そこで、企業としては消費者意識の変わり身の早さは避けられないものとして、販促キャンペーン等と共に品質上の良さや使いやすさ等、他社製品との差別化対策を同時に図っておくことも大切です。

ノベルティグッズ目的で

雑誌に付録としてついているノベルティグッズが欲しくて雑誌を購入することがあります。特に多いのが育児雑誌のノベルティグッズが欲しくて雑誌を購入します。なかなか役に立つアイテムがついているので使い勝手が良く、タメになるアイテムばかりです。今まで雑誌を購入してついてきた付録では、子供の食事を載せるワンプレート皿や、よだれかけなどが役に立ち、今でも使用しています。哺乳瓶を入れる保温ケースも旅行などで長距離移動する時に非常に役に立っています。アイテム欲しさに雑誌を購入することがメインですが、もちろん、雑誌もきっちり読みます。しかし、雑誌の内容云々より魅力的なノベルティグッズがついているかどうかで購入するかどうかを決めていることが今までの経験上多いので、魅力的なアイテムをもっとたくさんつけて販売してほしいです。